本当は前号のトピックスや素材特集と一緒に載せたったのですが、作画が間に合わず今号にて。階段状の展示室は、建築の展示ならば使い道が多そう

(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

編集部のおすすめ 好評につき「第2期」開催決定!
安井昇氏が2日間つきっきりの都市木造実践セミナー

 ここ数年、都市木造をつくりやすくするための法令施行や告示改正が続いています。けれども、これまで都市木造になじみの無かった設計者にとっては、防耐火に関する法令や技術に難しさを感じることでしょう。本講座「都市木造を極める」では、木造の構造・防火設計で実績豊富な桜設計集団の安井昇代表が、演習を交えた2日間の講義で、防耐火法令の全体像を解きほぐします。中大規模の防耐火を中心に、耐久性の観点も踏まえた設計手法を徹底解説。少人数制で集中的に学ぶ濃厚な2日間です。

都市木造を極める 2日間 徹底講座【第2期】
  • 講師:安井昇氏(桜設計集団代表、チーム・ティンバライズ副理事長)
    1968年京都市生まれ。93年東京理科大学大学院修了後、積水ハウス入社。99年、桜設計集団設立。建築設計の傍ら、防耐火の研究に取り組む。博士(工学)。早稲田大学招聘研究員、東京都市大学非常勤講師
  • 会場:ラーニングスクエア新橋(東京・新橋)
  • 受講料:読者特価9万8000円、一般価格10万7000円(いずれも税込み)
    ※会期中の昼食の弁当代、1日目の懇親会費も含む
  • 定員:30人
  • 特典:実務で使える「防耐火資料」
  • 詳細と申し込みhttp://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/ken/NA180906/
〔1日目〕9月6日(木)10:00~18:00
  • 講義1:木造の防耐火に関する法令の背景
  • 講義2:都市木造が備えるべき防耐火性能
  • 講義3:都市木造の防耐火設計の基本
  • 講義4:都市で木材を現しにした住宅
  • 懇親会
〔2日目〕9月7日(金)10:00~16:00
  • 講義5:都市で木材を現しにした中大規模木造(保育園・学校など、その他建築物・準耐火建築物)
  • 講義6:都市で木材を現しにした中層木造(事務所ビル・集合住宅など、耐火建築物)
  • 質問会
出典:日経アーキテクチュア、2018年7月12日号 p.94 建築日和
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。