診察室や検査室、病室など、医療施設用の部屋の素材が用意されており、それらをマウスで配置するだけで様々な規模の医療空間をデザインして3D(3次元)データを作成できる。3Dデータから、平面図やパース図、CG動画、什器(じゅうき)設備一覧表が作成可能。価格は税別で48万円。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら