短波長域のブルーライトを低減させた「Eye Protection LED」を光源に採用した。特に目の負担が大きいとされる波長415~455ナノメートルの光を、従来比で約70%低減。網膜へのダメージを抑えることで、目の疲れや痛みなどを軽減する。価格はオープン。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら