データ閲覧用のアプリをダウンロードして、クラウド上の3次元(3D)データをスマートフォンやタブレット型端末で見ることができる。平面図では分かりにくい箇所も、3Dパースを回転させて様々な角度から確認することが可能。3D空間内を移動し、視点を変えて検証することも簡単にできる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら