今も現役の公衆浴場として親しまれている国の重要文化財、道後温泉本館(松山市)で、耐震化を含む大規模修理が2019年1月に始まる。所有者の松山市は浴場の営業を継続しながら、7年間に及ぶ工事に挑む。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら