建設会社や設計事務所が、自社の設計オフィスの改革に乗り出している。電子化を進めて個人スペースを縮小、共有空間を拡充して生産性向上につなげる。センサーを用いた効果測定もトレンドになりつつある。

CASE1 竹中工務店│御堂ビルイノベーションスペース整備計画
共有空間重視で対話時間が1.5倍に

足掛け5年の全面的なオフィスリニューアルが完了して約1年。その効果が、検証データから明らかになってきた。生産性などが向上した一方、設計の意図と実際の運用にズレがある部分も判明。今後、継続して改善していく。

 築50年超のオフィスビルに入る竹中工務店の本社・大阪本店が大きく生まれ変わった。コミュニケーションを促すために、6層に分かれた執務スペースを直接つなぐ内部階段を新設。各階の階段のまわりを中心に、社員の情報共有や新しい発想につながる拠点をつくった〔写真1〕。執務スペースでも、生産性の向上や働き方改革などを重視し、大胆にレイアウトを刷新した。

竹中工務店の本社・大阪本店では、執務空間内に階段を新設。6層を直接つないだ(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
各階の階段まわりを、社員の交流や情報共有を活性化する「共創スペース」として整備した(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真1〕新設した内部階段を情報共有の拠点に
断面パース(地上3~8階)。竹中工務店の本社・大阪本店が入居する3階から8階までを貫通する階段を新設。階段のまわりに共有空間を集約し、その外周に個人の執務席を配置した
[画像のクリックで拡大表示]

 このビルは、大阪都心部を南北に貫く御堂筋に面して立つ「御堂ビル」〔写真2〕。同社の設計・施工で1965年に完成した。鉄骨鉄筋コンクリート造の地上9階建て。建物は、南北約80m、東西約40mの長方形で、中央のコア部分を囲む外周にロの字形に執務スペースがある。ビルの大半に同社がテナントとして入居しており、約1500人が勤務する。

〔写真2〕31mの高さ制限で1965年完成
大阪都心の背骨、御堂筋に面した「御堂ビル」は1965年完成。当時、御堂筋沿いで定められていた最高高さ制限から31mで建てられた。今回のリニューアルに先立ち、2013年に耐震補強などのBCP改修を実施した(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら