東南アジアに日本の木造住宅を輸出するプロジェクトが本格スタートを切った。林業で栄えた奈良県の山村から、スギ材をタイの住宅市場に供給。日本の在来木造工法をタイ人に伝え、熱帯の気候に合った家づくりを目指す。

 奈良県の最東部、三重県との境に位置する御杖(みつえ)村。ここで現在、多くの建築関係者や建材メーカーを巻き込んだプロジェクトが進行中だ。タイに日本式の木造住宅を建てるため、木材を輸出しようというのだ。日本の在来木造工法をタイ人に伝え、日本人が培ってきた木造技術で家をつくれるようにする。そのモデルハウスが2019年8月に完成した〔写真12〕。

〔写真1〕木造を強調したリビング・ダイニングルーム
1階は床、天井など、全て木材でつくっている(写真:車田 保)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕御杖村に建てた体験住宅
モデルハウスなので、この形の住宅をそのまま輸出するわけではない(写真:車田 保)
[画像のクリックで拡大表示]

 御杖村には多くのスギが生えている。林業が盛んだったが村民の高齢化が進み、現在は衰退している。

 名産のスギを活用し、村を再生できないか。相談を受けた椙山(すぎやま)女学園大学(名古屋市)の村上心(しん)生活科学部生活環境デザイン学科教授らは、木材の輸出を提案。村上教授は東南アジアの住宅事情を研究していた。そこにヒントを見いだし、タイに日本の木造住宅を普及させるプランを提案。御杖村が賛同し、産地直送構想が18年に動き出した〔図12〕。

〔図1〕多くの関係者やメーカーが参加
プロジェクト実施主体 御杖村役場 伊藤収宜村長、仲子雄史むらづくり振興課主幹
プロジェクト統括 椙山女学園大学 村上心教授
建築計画監修 首都大学東京元教授、青木茂建築工房 青木茂代表
現地協力・建築計画 Sripatum大学 Nattawut Usavagovitwong教授
現地協力・建築計画 Chulalongkorn大学 Terdsak Tachakitkachorn教授
現地協力・プロジェクト補佐 ディーサワット JIRACHAI TANGKIJNGAMWONG
実施設計・施工 太平洋設計事務所 橋爪洋司代表取締役
現地設計・施工協力 ON GROUND 岩本昌樹
建築計画・プロジェクト補佐 椙山女学園大学 川口香子助教
構造計画 椙山女学園大学 清水秀丸講師
耐久性計画 大阪市立大学 石山央樹准教授
環境・設備計画 早稲田大学 高口洋人教授
環境・設備計画、統括補佐 早稲田大学客員准教授、アルキテック 脇田健裕代表
インテリアデザイン 琉球大学 入江徹准教授
インテリアデザイン シアター建設 森本悠義
このプロジェクトには大学関係者のほか、LIXILやAGCといった建材メーカーが多数協力している
〔図2〕御杖村からタイにスギ材を輸出
東南アジア向け産地直送住宅プロジェクトの概要。御杖村から木材をタイに輸出し、同国の住宅市場に投入。同時に設計の自由度が高い日本の在来木造工法でつくった家を売り込む(写真:左は車田 保、右は村上 心、資料:プロジェクト統括である村上氏の図を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜタイか。そこには意外な住宅事情があった。熱帯のタイには木材が豊富にあるように思えるが、住宅に使える木材が不足している。森はタイの国境付近に広がっており、国家戦略上、この地域での伐採は制限されている。加えて、木造住宅はシロアリの被害に遭いやすい。堅いチーク材は枯渇し、計画植林をしてこなかったせいで手に入りにくい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら