複雑に入り組んだ14戸から成る重層長屋だ。部屋数を確保し、各室に個性をつけるため、平面空間ではなく高低差を積極的に取り入れた。施工会社などに構造の理解を促すため、模型ではなく3Dモデルで細部を説明した。

 「komagome terrace(コマゴメ テラス)」の立地は都内のJR駒込駅から徒歩数分という、都心への通勤・通学に便利な環境だ。山手線沿いで、眼下に線路と電車が見える。

 ただし、敷地は設計者泣かせ。典型的な旗ざお地で、旗部分の土地は一辺の長さがバラバラな五角形をしている。ここに木造3階建て・計14戸の賃貸住宅をどうつくるか──。

 設計した藤井亮介建築研究所(東京都港区)の藤井亮介氏は、「敷地が不整形なので、通常の長方形プランは成り立たないことが初めから分かっていた」と話す。まずは敷地に最大限の建物ボリュームをつくり、それを分けていった。すぐに判明したのは「建物を単純に縦長に分けていったら、建築主に求められた部屋数を満たせない」(藤井氏)ということだ。

 建築主のシマダアセットパートナーズ(東京都渋谷区)は均一な部屋ではなく、多様性がある空間設計を希望していた。SOHO使いまで念頭に置いた室内の区切りも求めた。

 藤井氏は接する平面の凹凸を利用して、住戸数を最大化する割り方を練った。そうしてできたのが、立体パズルのような住戸プランだ〔写真1図1~2〕。2019年3月末に完成した。

〔写真1〕高低差で居場所をつくる
3階にある12号室のリビング・ダイニングルーム。部屋の中央に段差を設け、手前と奥の床を低くしてワンルームの空間を緩やかに分けている。段差に腰掛けることもでき、空間内に様々な居場所をつくった。ロフトや屋上に上がる階段もある(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図1〕2次元では表現できない間取り
12号室の3D(3次元)モデル。通常のワンルーム物件とはかなり異なる複雑な形をしている(資料:徳永雄太、ARCHI HATCH)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図2〕立体的で多様な住戸プランを組み合わせる
藤井氏が設計の初期段階で作成したコンセプト図。敷地が不整形なので、一般的な長方形の部屋では建築主から要求されたワンルームの数を満たせなかった。そこで凹凸や階段、段差を積極的に取り入れた。1つとして同じ形の部屋はない(資料:藤井亮介建築研究所、この住戸プランは計画段階のもので15戸ある)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら