建築家の故・谷口吉郎が生まれた金沢市に、その子息である谷口吉生氏が設計した建築博物館がオープンした。この街が育んできた建築文化を守ると同時に、新しい息吹を吹き込む役割が期待されている。

寺町通り側の全景。周辺は仏教寺院が多く集まり、重要伝統的建造物群保存地区となっている。その街並みに合わせて、軒高を低く抑えた(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 谷口吉郎(1904~79年)は藤村記念堂や東京国立博物館東洋館などを設計した建築家だ。その子息の谷口吉生氏(1937年生まれ)も、現在の日本を代表する建築家の1人となっている。その2人の名前を冠したミュージアムが、父・谷口吉郎の生まれ故郷である金沢市に2019年7月、オープンした〔写真1〕。

〔写真1〕低く長く延びたエントラスの庇
エントランスの前の庇は前面道路に沿って低く長く延びる。前面道路側のガラスの箱の端に位置する。街並みのボリュームに合わせた緩衝空間となっている(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 谷口吉郎は金沢市の九谷焼の窯元の家に生まれた。その住まいがあった土地を谷口家が金沢市に寄贈。金沢市の意向でそこに建築博物館を建てたものである。

 設計は谷口吉生氏が手掛けており、建物自体も展示作品と言える。しかし、氏の代表作とされる他の美術館とは大きく違う点がある。豊田市美術館や東京国立博物館法隆寺宝物館が周囲のランドスケープと一体になった設計で目を引いていたのに対し、金沢建築館は全くといっていいほど余裕がない敷地条件だった。

 場所は観光スポットになっている「にし茶屋街」に近い寺町のエリアで、重要伝統的建造物群保存地区に接する。これをまず意識した、と谷口氏は言う。「街並みのスケールを尊重しなければいけない。同時に街の活性化に貢献したかったので、周辺の街並みにそろえたガラスの空間を前面通りに沿って配置して、内部のカフェやショップのにぎわいが道から見えるようにした」〔写真23

〔写真2〕にぎわいを外に伝えるガラス張り空間
1階には道路に面してガラス張りのラウンジを配置。総合案内、ミュージアムショップ、カフェを収めた。来館者の動きが外に表れることで、通りを活性化させることを狙った(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真3〕あんどんのように寺町通を照らす
寺町通の夕景。すだれ状のスクリーンを透かして、建物の内部から光が外に漏れる(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、反対側には階段の道を設けて、犀川(さいがわ)の方へ下りられるようにした。「周辺への回遊性を高めるため、敷地内に遊歩道をつくった」(谷口氏)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら