国内外で保存を求める声が上がった「ホテルオークラ東京 本館」の閉館から4年がたつ。名作ロビーを引き継ぎながら、2つの高層ビルと広場を持つ「オークラ東京」として9月にオープンを迎えた。

「オークラ プレステージタワー」のエントランス、中2階から見る。奥のロビーは、2015年に閉館した「ホテルオークラ東京 本館」のロビーを再現した(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

全体構成・ロビーなど
明るさを増した再現ロビー

 1962年に開業した「ホテルオークラ東京 本館」は施設の老朽化などにより、2015年8月に閉館した。約4年の建て替え工事をへて19年9月、「The Okura Tokyo(以下、オークラ東京)」としてオープンした。

 敷地の北西には米国大使館が隣接して立つ〔写真1〕。虎ノ門や赤坂、霞が関にも近く、4駅3路線に囲まれる都内の一等地だ。東西で約19mの高低差があり、霊南坂や江戸見坂などの高台に位置する。

〔写真1〕中心に六角形の島
「ホテルオークラ東京 別館」から「The Okura Tokyo」を見下ろす。写真左下に「大倉集古館」、中央に「オークラ ヘリテージウイング」、右に「オークラ プレステージタワー」が写る。広場「オークラスクエア」の中央に、六角形の島を配置した(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 2つの高層ビルは、地上1~4階部分が一体で、建築基準法上は1棟だ。東側の広場やホテルのエントランスは地上5階に当たり、それより上にタワーが2つに分かれて立つ〔写真2〕。

〔写真2〕すだれ状のスクリーン
敷地に高低差があるので、地上5階のレベルにホテルのエントランスや広場がある。すだれのようなスクリーンと六角形の照明でエントランスを飾り、さりげなく日本らしさを演出した(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 東に地上41階建ての「オークラ プレステージタワー」、北に地上17階建ての「オークラ ヘリテージウイング」、西南角に伊東忠太設計の私設美術館「大倉集古(しゅうこ)館」が並ぶ。それらに囲まれた空間は、「オークラスクエア」という名の広場にした。

 設計は、6社が参画する「虎ノ門2-10計画設計共同体」が手掛けた。基本計画、ロビーや広場などの設計は谷口建築設計研究所による。総事業費は約1100億円。建て替えの目玉がロビーの再現だ。建て替え前は建築家、谷口吉郎(1904~79年)が設計し、その再現に挑んだのが、息子の谷口吉生氏だった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら