宮城県山元町に、東日本大震災の復興の節目となる新しい役場が完成。この5月から業務を開始した。設計者は、町民や職員と議論を重ね、建物に裏表がなく柔軟に運用できる一室の大空間をつくった。

東側の芝生広場から見る。内部空間と広場とを一体的に利用できるように、1階南東側の開口部は大きく開放できるようになっている。左奥に見えるのは、今春まで利用していたプレハブ庁舎(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]
正面入り口まわりの夕景。左手に、深い軒を利用したバス停がある。役場の正面入り口は、隣接地に立つ公民館や民俗資料館などとの連続性も考慮した位置にある(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 太平洋に面した宮城県南部の山元町に新庁舎が完成し、5月7日から業務を開始した。東日本大震災で損傷した旧庁舎を解体して以来、プレハブ庁舎を使い続けてきた。「住民の生活再建に向けた震災復興がほぼ終わり、最後に役場を建て替えた」。山元町企画財政課企画班班長の佐藤仁氏はそう説明する。

 高台に立つ庁舎の正面からは、整備されたばかりの道路が、段丘の切り通しを抜けて東の低地へと延びている〔写真1〕。町の新しい骨格だ。道路を下った先には新しい市街地が広がり、津波の被害を受けて1kmほど内陸に移設されたJR常磐線の山下駅に行き着く。

〔写真1〕復興後の町の骨格を形成
南西方向からの見下ろし。写真左が山元町役場。東日本大震災後、役場前から新しい道路が整備され、内陸に移設されたJR常磐線・山下駅周辺の新市街地とをつなぐ。向こうに太平洋が見える(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 「新市街地側から見たとき、切り通しの隅から少し顔を出すような存在にしようと思った」。そう話すのは、庁舎の設計を手掛けたシーラカンスアンドアソシエイツ(CAt、東京都渋谷区)パートナーの赤松佳珠子氏。同社は、2015年に山元町が実施した公募型プロポーザルで選ばれた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら