中国経済の減速や景気の先行き不透明感が影響し、民間設備投資が減少している。好況を享受する建設会社だが、2020年の東京五輪後はさらに受注環境が悪化し、大手と準大手・中堅の差が広がりそうだ。(日経アーキテクチュア)

 建設会社の新規受注の指標である着工床面積の減少が止まらない。

 用途別に最新データを見ると、2019年1~9月の「事務所」の着工床面積が前年同期比9.5%減、「工場」が16.6%減と落ち込んだ。

 このため、19年の建築着工床面積(建築需要)は前年比2%減の1億2850万m2程度となりそうだ。さらに消費増税の住宅需要への影響が顕在化してくると、20年は1億2740万m2まで減少すると予測する。

 20年の東京五輪開催に合わせて都内で完工ラッシュが続く19年から20年にかけて、建設会社の完成工事高は堅調に推移するだろう。一方、着工床面積の減少を踏まえると、受注高や手持ち工事高(前期手持ち工事高と今期受注高の合計から、今期の出来高である施工高を差し引いた金額)は減少しそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら