2020年東京五輪などに向けた大型工事が、都心部を中心に各地で進む。建築業界の好況はいつまで続くのか。佐藤隆良氏が過去の分析を踏まえ、市況の指標となる建設会社の手持ち工事高の転換期を予測した。(日経アーキテクチュア)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら