多くのマンション訴訟で、原告席には管理組合の理事長が座ってきた。この「原告適格」を否定した異例の判決が下り、弁護士の間で話題となっている。今後、紛争解決の妨げとなる恐れもある。(日経アーキテクチュア)

マンション外壁の剥落が見つかり、管理組合の理事長が区分所有者を代表して事業者を提訴した。だが裁判所はこの訴えについて、「原告不適格」として訴えを門前払いした。裁判所は、理事長をはじめとする管理組合は、区分所有者全員の権利を代表しているとは言えない、と判断した
[画像のクリックで拡大表示]

 裁判所が原告側の原告適格を認めないことは、しばしば「門前払い」と表現される。法違反の有無などを審理する前に、原告には被告を提訴する権利がないと、裁判所が訴えをはねつけてしまうからだ。

 今回取り上げるのは、外壁タイルが剥落したマンションを巡る裁判について、裁判所が管理組合の理事長の訴えを門前払いにした判決だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら