改正建築物省エネ法が11月16日に一部施行される。国土交通省と経済産業省は10月24日、合同会議を開き、建築物エネルギー消費性能基準(省エネ基準)などに関する政省令案などをとりまとめた〔写真1図1〕。

〔写真1〕新省エネ基準をとりまとめ
国土交通省と経済産業省が2019年10月24日に開いた合同会議の様子(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図1〕届け出義務制度の審査手続き合理化などを11月に施行
改正建築物省エネ法の施行を受けて定められる主な基準。共同住宅などの届け出義務制度の審査手続きを合理化するほか、戸建て住宅などの簡易な評価方法などを追加(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 合同会議では、19年5月に公布された改正建築物省エネ法を受け、省エネ基準の見直しについて検討してきた。国交省は合同会議での議論を踏まえた政令などの案を公表し、10月4日まで意見を公募。パブリックコメントを受けて一部を修正し、合同会議で報告した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら