東京都が大規模重層長屋の規制強化に乗り出す。敷地内の通路幅を現行よりも広げ、火災時などの避難安全性を確保する。都の建築安全条例を改正する方針だ。6月20日に成立した改正建築基準法でも、長屋の接道規制強化を目的とした項目が盛り込まれており、他の自治体でも同様の動きが広がる可能性がある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら