閉じる

ニュース 時事

日経アーキテクチュア

目次

  • 大工10万人減、家が建たない時代が来る

    野村総合研究所が2030年の住宅市場を予測

     大工が大幅に減少して、住宅の建築需要に対応できなくなる――。野村総合研究所(NRI)は、加速する大工不足に警鐘を鳴らした。

  • 大規模重層長屋の規制を強化

    都が建築安全条例改正へ、敷地内の通路幅を拡大

     東京都が大規模重層長屋の規制強化に乗り出す。敷地内の通路幅を現行よりも広げ、火災時などの避難安全性を確保する。都の建築安全条例を改正する方針だ。6月20日に成立した改正建築基準法でも、長屋の接道規制強化を目的とした項目が盛り込まれており、他の自治体でも同様の動きが広がる可能性がある。

  • 不当に短い工期を禁止へ、建設業法を改正

     国土交通省は、違法な長時間労働を前提とした不当に短い工期の設定を禁止する。工期設定に関する受発注者の責務を規定した建設業法の改正案を、2019年の通常国会に提出する考えだ。週休2日の確保などを踏まえた適正な工期設定の基準も作成する。6月22日に公表した中央建設業審議会・社会資本整備審議会建設部会基…

  • 「施工者にも建築士資格必要」、士会連合会が調査

     施工系人材も建築士資格を取得することが望ましい――。日本建築士会連合会(士会連合会)が6月19日、会員などを対象に実施した意識調査の結果を明らかにした。

  • 建築士試験を見直せ、設計3団体が提案

    若手の資格離れに危機感、「実務経験なしで受験可能に」

     このままでは若手建築士が足りなくなる――。日本建築士会連合会、日本建築士事務所協会連合会、日本建築家協会の建築設計3団体が6月5日、自民党建築設計議員連盟に「建築士資格制度の改善に関する共同提案」を提出した。構造計算書偽造事件を受けて08年に施行された改正建築士法で建築士試験の受験資格が厳格化され…

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る