7月18日に発生した京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火事件。専門家による現場調査やシミュレーションから火災メカニズムが次第に見えてきた。出火後30秒で建物内に高温の煙が充満したとみられる。

 京都アニメーション放火事件による死傷者は69人。事件当時、建物内には70人の社員がいたが、無傷で逃げられたのは1人だけだった。

 なぜこれほどまでに被害が拡大したのか。京都大学防災研究所の西野智研准教授は、煙がどのように広がったのかを明らかにするために、出火から30秒間で各階の天井に煙が蓄積してできた煙層の高さと温度を試算した〔図1〕。

〔図1〕出火後15秒で3階は危険な状態に
京都大学防災研究所の西野智研准教授が実施した煙流動解析の結果。ピンク色部分は煙層で、各室の煙層の温度を表記した。出火直後かららせん階段に煙が流入して2階と3階に煙が充満した(資料:京都大学の西野智研准教授の資料に日経アーキテクチュアが加筆)
[画像のクリックで拡大表示]

 被災した建物は鉄筋コンクリート造・3階建てで、延べ面積約690m2。建物内部には、南側に1階から3階に続く吹き抜けのらせん階段と、西側に1階から屋上まで続く内階段を設置していた〔図2、写真1〕。放火犯は、1階のらせん階段付近でガソリンをまいて火を付けたとみられる。

〔図2〕火災による死者は35人、内階段に集中
図は被災した建物の空間構成と死者の発見場所(資料:京都大学の西野智研准教授の資料に日経アーキテクチュアが加筆)
[画像のクリックで拡大表示]
計算条件
計算時間出火から30秒
時間刻み1秒
室数24
階高3m
天井の内装材石こうボード
壁の内装材石こうボード
らせん階段の形状吹き抜け(2.14m×1.94m×9m)
らせん階段の開口8.16m×2.1m(1階、2階、3階)
内階段の形状吹き抜け(3.9m×2.66m×12m)
内階段の開口0.9m×2m(1階、2階、3階)
外壁窓ガラス閉鎖(隙間0.1%)、170℃で脱落
室内ドア閉鎖(隙間2%)
火源の発熱速度10秒で最大発熱速度20,000kW
火源の位置らせん階段の西側に隣接する室
表は煙流動予測時に用いた計算条件。現場調査や報道から得た情報を基に設定した (資料:京都大学の西野智研准教授の資料に日経アーキテクチュアが加筆)
〔写真1〕らせん階段が煙の伝播経路に
出火直後から煙はらせん階段に流入して2階と3階に広がった。不燃性ガラスの防煙垂れ壁が設置されていたが、防火区画はされていなかった(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 分析結果によると、出火からわずか5秒でらせん階段に大量の煙が流入。らせん階段が伝播経路となり、煙を含んだ熱気流が上昇して2階と3階の天井に到達した後、煙層が形成された。1階の煙層は出火直後に1000℃を超え、建物内の可燃物が温められて着火したことで火災が拡大した可能性が高いと西野准教授は分析する。

 煙は内階段にも出火直後から流入し、出火から15秒後には屋上に通じる出口付近に煙が充満した。この時点で3階の煙層は100℃を超えて、床から1.1mの高さにまで降下している。「出火から15秒で3階にいた人の生死は決まったのではないか」(西野准教授)

 20秒後には2階の煙層の温度も100℃を超えた。西野准教授は、「避難可能な時間は極めて短かった。出火から30秒で2階から上の空間には高温の煙が充満していた」と語る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら