東京都目黒区に完成直前だった商業施設で、確認済み証の交付を受けずに着工していたことが判明した。設計者が確認済み証を偽造していた。区は是正措置として解体を指示。建築主は設計者を刑事告訴する方針だ。

 建築基準法違反が判明したのは、「Craft Village NISHIKOYAMA(クラフトビレッジ西小山)」の商業棟。都市再生機構(以下、UR)の保有地で建設中だった鉄骨造・2階建ての施設だ。建築主はピーエイ(東京都文京区)。同社によると、設計者のアーキメタルドットジェーピー(東京都世田谷区、以下、アーキメタル)が、確認済み証を偽造していた。特定行政庁の目黒区は7月3日、ピーエイに対して、建築物の解体までの是正計画の提出を求めた。

 URが施設の事業者を募集し、2018年11月にピーエイを選定した。同社が提案した建物は複数のコンテナを連結した形状が特徴〔写真1〕。事務所棟と2棟の商業棟を建設し、19年7月開業を目指していた〔図1〕。

〔写真1〕複数のコンテナを連結した形状が特徴
都市再生機構の保有地にて、ピーエイが建設を進めていたクラフトビレッジ西小山の南棟の建設現場。設計者が確認済み証を偽造して、ピーエイに渡していた。ピーエイは偽造されたものと気付かず、工事を発注した。2019年7月30日に撮影(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図1〕木造密集地の駅前再開発の核となる施設だった
クラフトビレッジ西小山の建物配置図。「西小山駅前地区地域まちづくり支援事業」として建設を進めていた(資料:目黒区の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
確認済み証の交付を受けていたのは、事務所棟(上の写真)のみだった(資料:目黒区の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 区木密地域整備課の職員が19年6月に現場を確認したところ、事務所棟と商業棟ともに着工していた。しかし、建築課の職員が確認済み証の交付記録を確認すると、事務所棟には交付していたが、商業棟は確認申請すらなされていなかった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら