京都アニメーションの第1スタジオ(京都市伏見区)が7月18日、放火による火災で全焼した。死者35人、負傷者34人と、放火事件としては平成以降で最悪の惨事となった。なぜ被害が拡大したのか、専門家に聞いた。

 らせん階段は熱でゆがみ、上階のベランダの大部分はひどくすすけていた。周辺地域の立ち入り規制が解除された翌日の7月21日も周囲はまだ少し焦げ臭く、建物正面の植え込みにはガラスの破片などが散乱した状態だった。ひしゃげた窓枠が爆発の衝撃を物語る〔写真1~3〕。

〔写真1〕出火元は1階のらせん階段付近
熱でゆがんだらせん階段。不燃性ガラスの防煙垂れ壁が設置されていたが防火区画はされていなかった。建築基準法や消防法上の法令違反は確認されていない。犯人は1階のらせん階段近くでガソリンをまいて火を付けた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
玄関のある東面
[画像のクリックで拡大表示]
西面
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕ベランダ部分がひどくすすける
全焼した京都アニメーション第1スタジオの外観。鉄筋コンクリート造の3階建て。延べ面積は691.02m2で、最高高さは9.985m。建築基準法22条区域に立っていた。割れた窓から新鮮な空気が入り、より急速に燃え広がったとの見方がある(写真:日経アーキテクチュア)
〔写真3〕建物内部は激しく燃焼
建物1階の内部。間仕切りの少ないオープンな空間だったことも、被害拡大の原因とみられる。割れた窓ガラスの破片が建物正面の植え込みに散乱していた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 「京都アニメーション」第1スタジオで起こった火災は、死傷者69人に上った。放火犯は、らせん階段に近い1階の玄関付近でガソリンをまいて火を付けたとみられる。総務省消防庁によると、7月18日午前10時35分に火災を覚知。鎮火したのは翌19日午前6時20分だった。

 被災した建物は、鉄筋コンクリート造・3階建てで、延べ面積約690m2の事務所。2007年10月に完成した。建物内部には、南側に3階まで続く屋内らせん階段と、西側に屋内階段を設置していた。各フロアは間仕切りが少ないオープンな空間だった。

 建物は建築基準法22条区域に立っていた。耐火建築物、準耐火建築物とするべき条件に該当せず、スプリンクラーの設置義務はなかった。

 京都市の発表資料や市建築安全推進課への取材によると、建基法や消防法上の違反は確認されていない。消火器や非常警報設備を設置済みで、消防計画の届け出もあった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら