手すり壁やパラペットの笠木まわりは、雨水が最も浸入しやすい場所の1つだ。最大の原因は、笠木固定用の金具を留める際に下地木材の天端にビス穴を開けること。そこで考案されたのが、ビスを天端から打たずに側面から打つ板金笠木だ。

 住宅瑕疵保険法人の日本住宅保証検査機構(JIO)が2019年7月にまとめた調査によると、保険金が下りた雨漏り事故で、最も多い雨水浸入箇所は「陸屋根およびバルコニー」で、全体の36.9%を占めた。

 そのなかで特に多いのが、手すり壁やパラペットの笠木まわり。笠木下の天端は水平で、浸水した雨水が溜まりやすい。溜まった雨水は下地木材や胴縁などに浸透し、腐朽を招く恐れがある。

 天端の水が内部に浸透する通り道になるのが、笠木固定用の金具を留め付ける際に開けるビス穴だ。笠木を設置する際には、まず下地木材の上に防水紙を被せ、その上にビス穴を開けて笠木固定用の金具を留め付け、最後に笠木を被せる。

 天端にビス穴を開けなければ、浸水事故をもっと減らせるはず。そんな考えから開発されたのが、換気部材メーカーのハウゼコ(大阪市)が17年1月に発売した「アンタレス・ホールレス・パラペットキャップ」(以下、AHPC)だ。これは下地木材の側面からビスを打つ、換気部材一体型の板金笠木。手すり壁とパラペットのどちらにも導入できる製品だ〔写真1図1〕。現在は、その後継製品のAHPCIIを販売している。

〔写真1〕ビスを側面から留める換気部材一体型の板金笠木
長野県上田市の住宅会社、アクロスホームは2019年9月、市内で建設を進める戸建て住宅のパラペットの天端に、ハウゼコ(大阪市)の換気部材一体型の板金笠木「アンタレス・ホールレス・パラペットキャップII」(AHPCII)を採用した。下地木材の天端にビス穴を開けないのが特徴だ。換気部材と笠木は、側面からビスで留め付ける(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図1〕天端に開けるビス穴が内部浸水を招く
上の写真は、手すり壁やパラペットの天端のイメージ。下地木材の上に防水紙を張り、その上に笠木固定用の金具を留め付ける(写真の金具は端部を切断)。その際に開けたビス穴が、雨水浸入の通り道となる(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
ハウゼコのAHPCIIは、天端にビス穴を開けず、換気部材と笠木を側面からビスで留め付ける(資料:ハウゼコ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら