全館空調の課題の1つが維持管理だ。ダクト清浄事業を展開する日本ウイントン(東京都大田区)の清水晋業務企画部長は「引き渡しから5年後には給気ダクトにもほこりが堆積している。定期的なダクト清掃が不可欠」と指摘する。

 清掃時期を左右するのがダクトの素材だ。フレキダクトは凹凸にほこりがたまるが、ダクトの内側が不織布だと繊維にもほこりが食い込む。一方、ダクトの内側がフィルムだと表面にほこりは付きにくい〔写真1〕。さらにほこりが付きにくいのは、内側にアルミを張ったグラスウールダクトだ。凹凸がなく表面も平滑で、ほこりがたまりにくい〔写真2〕。

〔写真1〕内側の素材が清掃性を左右
内側に不織布を張ったダクトは細かいほこりが表面に付着しやすいが、清掃性は高い
[画像のクリックで拡大表示]
フィルム張りのダクトはほこりが表面に付着しにくいが、清掃時に破けやすい
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:日本ウイントン)
〔写真2〕アルミ張りは汚れない
グラスウールダクトの内外側にアルミを張ったダクト。数年経過しても汚れが非常に少ない(写真:日本ウイントン)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら