愛知県豊川市内で2019年2月に完成したKo邸には、階段を上ってすぐの2階の廊下に、広さ1畳の空調室が設けられている〔写真1〕。ここが、Ko邸に搭載した全館空調「MaHAt(マッハ)システム」を司る心臓部だ。マッハシステムとは、フランチャイズ組織のFHアライアンス(同県春日井市)が開発した、壁掛けエアコンと全熱交換型換気設備を組み合わせる全館空調の方法だ。

〔写真1〕2階に1畳の空調室
階段を上ってすぐの2階の廊下に、マッハシステムで欠かせない広さ1畳、高さ2400mmの空調室を設けた。天井付近にある格子状の開き戸がフィルターを施した吸い込み口(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 空調室に中には、定格冷房能力が4.0kWの壁掛けエアコン1台と、最大風量が200m3/h以上のDCモーターファン13台を設置している〔写真2〕。ファンの総風量は2600m3/hに達する。

〔写真2〕エアコンの冷気・暖気をファンで搬送
空調室に設置した壁掛けエアコン(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
エアコンの冷気・暖気を各室につながるダクトに押し込むためのシロッコファン。風量を強、中、弱に切り替えることで室温を調節できる(写真:FHアライアンス)
[画像のクリックで拡大表示]

 エアコンが吹き出す冷気・暖気と、家中から戻ってくる空気を空調室内で混合させて、冷房時は室温マイナス5℃以内、暖房時は室温プラス5℃以内に調節する。その空気をファンでダクトに押し込み、各室に設けた吹き出し口から供給。天井のスリットなどから非居室を通って、空調室の吸い込み口に空気が戻る仕組みだ〔図1写真3〕。換気設備で熱交換した外気を1階の階段付近に吹き出すことで、空調室に戻る空気の入れ替えも行う。

〔図1〕冷気・暖気を大風量で住居内に循環させる
マッハシステムの仕組み図。冷気・暖気を大風量で住居内に循環させる。室内のCO2濃度を低く保つことが可能だという(資料:FHアライアンス)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真3〕室温の5℃以内で吹き出す
居室の天井に設けた吹き出し口。室温と5℃以内の温度差に調整した空気を、ここから吹き出す
[画像のクリックで拡大表示]
ドアを挟んだ居室側と廊下側の天井に設けたスリット。居室の空気を廊下に送る経路だ
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:日経ホームビルダー)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら