住まい手の生体データを健康管理に生かす住宅の開発に取り組む芙蓉ディベロップメント。関連会社の介護施設や病院で得た知見を、IoTを使った住宅に組み込む。

 住まい手の生体データを健康管理に生かす「健康寿命延伸住宅」の開発に取り組む地域工務店がある。「芙蓉ホーム」のブランド名で、60歳前後の比較的高齢の顧客層に高気密・高断熱住宅を提供する芙蓉ディベロップメント(福岡市)だ。

 「健康寿命延伸住宅」は、高気密・高断熱の住宅性能に、住まい手の生体データによる健康管理のシステムを組み込んだ住宅だ。高気密・高断熱性能による冬暖かく夏涼しい快適な住環境に加え、住まい手の日々の生体データを計測して体調不良を早期に発見する。離れて暮らす家族に健康状態の変化を知らせることで、「見守り」にも役立てる〔図1〕。

〔図1〕住まい手の生体データを健康管理に生かす
(資料:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:芙蓉ディベロップメント)
[画像のクリックで拡大表示]
住まい手が計測した血圧や体温をタブレットやスマホに表示。日々の生体データから個人の平均値である「基準値」と、基準値からの変動幅の「基準域」を算出。基準域から外れるとアラートを出す

 高気密・高断熱住宅なので、エアコンを稼働していれば温度変化を抑えることができる。だが、住まい手がエアコンを止めた場合など、室温が上昇するケースがある。このような状態を検知すると、自動でエアコンが作動して適正な温度に調整する。高齢になると室温の変化に鈍感になりがちなため、エアコンで熱中症の予防に役立てようという狙いだ〔図2〕。

〔図2〕病院や介護施設に隣接して立つモデルハウス
モデルハウス1階のリビング・ダイニング。大空間を1台のエアコンで制御している。キッチンに設置した環境センサーで室温を計測して、エアコンの運転を制御する(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
「健康寿命延伸住宅」のモデルハウスは、関連会社の筑紫南ヶ丘病院や介護付き老人ホームのメディカルケア南ヶ丘が立つ一角にある(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 計測する生体データは体温、血圧、脈拍の3項目だ。体温と血圧は住まい手自身が、朝、決まった時間に計測する。それぞれBluetooth機能を搭載した機器を用いて、計測結果をクラウド上で自動的に管理する。脈拍は、ウェアラブル端末で常時、計測して、そのデータをクラウド上で管理している。

 計測した生体データから健康状態を判断する点に特徴がある。体温や血圧は個人によって平常値が異なるという。このため、日々の計測データを長期にわたって管理することで、わずかな変化から病気の早期発見が可能になり、重症化を防止できるという。これらは、介護付き有料老人ホームや病院で得られた知見だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら