IoT対応の建材や設備を多数採用したモデルハウスを2018年4月に建てたエコワークス。全ての来場者にIoTを説明するのではなく、あえて一部の顧客にのみ説明している。

 エアコン、照明、カメラ付きドアホン、外付け電動シャッター、エコキュート―。エコワークスは、福岡県春日市に建てたモデルハウスで、IoTに対応した建材や設備を多数採用した〔図1図2〕。これらの機器を、パナソニックのホームIoTシステム「AiSEG2(アイセグ2)」を用いて制御する。スマホやタブレットにも対応しており、外出先からエアコンのスイッチをオンオフし、エコキュートで風呂を沸かすことも可能だ。複数の建材や設備を連動させた一括操作の機能も活用している。

〔図1〕モデルハウスに採用したIoT対応の建材や設備
A:屋根裏エアコン B:電動シャッター(主寝室) F:照明 I:スマートスピーカー
[画像のクリックで拡大表示]
B:電動シャッター(リビング) C:エコキュート D:床下エアコン E:電動シャッター(浴室) F:照明 G:ワイヤレスカメラ H:ドアホン I:スマートスピーカー
[画像のクリックで拡大表示]
木造軸組み工法の2階建て、延べ床面積約130m2。IoTに対応したエアコン、照明、エコキュート、電動シャッターなどを採用している。それぞれを連動させて外出時や帰宅時の一括制御にも対応。スマートスピーカーでも操作できるようつくり込んでいる(資料:エコワークス)
〔図2〕IoT技術を盛り込んだモデルハウス
屋根には11.88kWの太陽光発電を搭載している(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
1階のリビング・ダイニングでは、照明や電動シャッターがIoTに対応(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
2階の寝室では、スタンド照明や電動シャッターがIoTに対応する(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートスピーカー「Google Home」を介して音声で操作する機能も組み込んだ。「オッケー、グーグル。行ってきます」と呼び掛けると、ダイニングの照明がオフになり、リビングや寝室の電動シャッターが閉まる。「オッケー、グーグル。ただいま」の呼び掛けで、照明がオンになり、電動シャッターが開く。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら