通信キャリアや電力会社がスマートホームのサービスに力を入れている。もはや工務店や住宅会社が独自のIoT住宅に取り組むのは無謀なのか。家づくりの実務情報誌「日経ホームビルダー」は、独自にIoT技術の活用に取り組む工務店に着目した。カギは自社の強味と関連付けたサービスの特徴付けにある。事例編では、モデルハウスを建ててIoT技術に取り組む工務店2社をリポートする。製品編では、工務店や住宅会社が採用しやすいIoT対応の建材や設備を、玄関、窓、リビング、水まわりなど、住宅の部位ごとに紹介する。

[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経ホームビルダー、2019年9月号 特集 工務店がつくるIoT住宅
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。