躯体から下地、造作に至るまで、木造住宅の現場に電動工具は欠かせない。現場の省力化を図るうえでは効率的な使いこなしが重要。そうした点で最近、注目されているのが電動工具のバッテリー化だ。

 千葉県長生村の工務店、菅沼建築設計の菅沼悟朗代表は元大工だ。今でも自ら木工事などの作業を行うことがある。そのためさまざまな電動工具を持っている。

 菅沼代表によると、従来はAC 100ボルト電源だった工具や、エアコンプレッサーを必要としたエア工具などで最近、バッテリーによる充電式が増えてきた。さらにバッテリーが、36ボルトという高ボルトタイプに変わりつつある。背景にあるのは、バッテリーの高性能化。工具にも安価で小型のバッテリーを採用しやすくなった。

 こうした状況を踏まえ、菅沼代表は工具の買い替え時、可能な限りバッテリータイプを選択していると言う。「工具のバッテリー化を進めることで、現場の効率化が進む」というのが、その理由だ〔写真1〕。

バッテリータイプのスライド丸のこで加工する大工職。部材を取り付ける場所に工具を移動して作業できる(写真:菅沼建築設計)
[画像のクリックで拡大表示]
36ボルト・バッテリータイプのスライド丸のこ(写真:菅沼建築設計)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真1〕バッテリータイプは移動が楽

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら