関東地方と東海地方に立つそれぞれ築10年前後の住宅で、夏型結露による合板の著しい腐朽とカビが発覚した。寒冷地では、建設中の住宅現場で防湿シートに水滴が大量に付着している例が見つかった。

事例1
築10年、通気層なし
合板の内側と外側が著しく腐朽

 驚きの光景が現れたのは、「畳がじめじめしている」と建て主が訴えていた部屋だ。畳と壁のグラスウールを剥がすと、床と壁の下地合板がぬれて、カビや木材腐朽菌が繁殖していたのだ〔写真1〕。関東地方に立つ木造2階建て住宅で、築約10年が経過した年の5月のことだ。

〔写真1〕合板の室内側に腐朽菌が発生
畳がじめじめしていた部屋の畳と壁のグラスウールを剥がした状態。合板の室内側がびっしょりぬれて、白や褐色の木材腐朽菌が繁殖していた(写真:土屋 喬雄)
[画像のクリックで拡大表示]

 建て主が最初に気付いた異変は、階段付近の壁で、内装材に発生した染みだ。染みが生じた壁のコンセントボックスを外すと、カビ臭が漂ってきた。その後、2階東南の角部屋で畳がじめじめして、階下の居間では天井に染みが浮いているのを発見した。

 建築した住宅会社は、窓からの雨漏りを疑い、窓周りにシーリングを再施工した。しかし状況が改善しなかったため、建て主が思い切って畳とグラスウールを剥がしたところ、冒頭の惨状を目の当たりにすることになった。

 このトラブルで知見を求められたのが、土屋喬雄・東洋大学名誉教授だ。現場を見た土屋名誉教授がまず指示したのは、合板が腐朽している箇所にもう一度グラスウールと防湿シートを試験的に設置すること。すると、6月中旬の晴れた午後に、大量の水滴が防湿シートの裏面(壁内側)に発生した〔写真2〕。

〔写真2〕6月中旬に結露が発生
合板が腐朽している壁にグラスウールと防湿シートを試験的に取り付けたときの様子。6月中旬の晴れた午後に、大量の夏型結露が防湿シート裏面(壁内側)に発生した(写真:土屋 喬雄)
[画像のクリックで拡大表示]

 この水滴を見て土屋名誉教授は、腐朽の原因は夏型結露と判断した。

 夏型結露とは、合板などの建材が含んでいた水分が、日射による外壁や屋根の温度上昇によって壁内で気化し、相対的に温度が低い室内側で冷されて、内部で結露する現象だ。畳のじめじめや天井の染みは、防湿シート裏面に付着した結露水が下の方に流れ落ちたためだとみられる。

 「グラスウールを剥がして、合板をしばらく乾かしていた後に試験施工したにもかかわらず、大量の結露が発生して驚いた。合板が相当な量の水分をため込んでいたということだ」と土屋名誉教授は話す。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら