「しまった、つい口が滑った」。住宅実務者なら誰しもそんな経験があるはずだ。軽率な一言が依頼者の怒りを買い、互いの信頼関係が一気に崩壊する。しかし、失言は着火剤に過ぎず、その前に依頼者の不満が蓄積しているケースが多い。失敗の原因は言葉だけではない。情報伝達の在り方を根本から見直すことも必要だ。ここでは読者から寄せられた多くの失敗談を紹介する。教訓を仕事に生かしてほしい。

(イラスト:勝田 登司夫)
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経ホームビルダー、2019年6月号 pp30-31 特集1 顧客を激怒させた 失言&マナー違反
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。