意匠性や小屋裏空間の活用しやすさといった点で採用が広がる屋根断熱。だが、屋根断熱では通気の失敗による結露のトラブルが起こりがちだ。近年のトラブル事例を基に、屋根断熱の急所を確認する。

事例1  通気層の出口なし
「通気層」が単なる「空気層」

 近畿地方の住宅地に建つ木造2階建て住宅。ガルバリウム鋼板葺きの屋根は、陸棟が比較的短く、方形に近い寄棟造りだ〔写真1-a〕。住宅に異変が生じたのは、竣工から約1年後の春。2階居室の天井に雨漏り跡のような染みが現れた。専門家が調査したところ、原因は屋根断熱の失敗による結露水だった。

〔写真1-a〕
屋根の外観(写真:住宅検査関西・青山建築コンサルタント)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真1-b〕
断熱材のグラスウールを剥がした野地板の様子。所々が色濃く変色し、白カビが発生していた(写真:住宅検査関西・青山建築コンサルタント)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真1〕野地板が変色しカビも発生
屋根断熱を失敗して結露が確認された寄棟屋根の戸建て住宅

 染みの原因を調査したのは、主に近畿地方で住宅検査を手掛ける住宅検査関西・青山建築コンサルタント(大阪府守口市)の佐野公則代表だ。小屋裏に入ると、袋入りのグラスウールを垂木などに直接、タッカーで留めるなどした屋根断熱を確認できた。

 さらに、断熱材を剥がして野地板を見たところ、板がぬれたように濃く変色したり、カビが発生したりしていた〔写真1-b〕。変色が顕著な北面の野地板の含水率は、最大で約40%に達した〔写真2-a〕。

〔写真2〕含水率約40%の異常値も計測
〔写真2-a〕
野地板の含水率を測定したところ、変色していた北面は最大で39.5%という高い値だった(写真:住宅検査関西・青山建築コンサルタント)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2-b〕
変色した箇所〔写真2-c〕を赤外線カメラで解析した結果。隅角部以外は全体的に温度が一定なので、雨漏りではなく、結露の可能性が高いと推測された(資料:住宅検査関西・青山建築コンサルタント)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2-c〕
(写真:住宅検査関西・青山建築コンサルタント)
[画像のクリックで拡大表示]

 「雨漏りなら野地板の変色は水の進入口を起点に扇状に広がるが、全体が均一に変色していた〔写真2-bc〕。カビは空気の動きが少なく、常時湿った環境に発生しやすい」。佐野代表は結露を疑った理由をこう話す。

 屋根断熱の通気も不十分で、結露の発生を裏付ける状態だった。陸棟換気や屋根通気層、壁の通気層などは設けてあったものの、隅棟に通気や排気の配慮がなく、空気の流れが妨げられていた。その結果、通気層が単なる「空気層」と化していた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら