ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及が進んできた。2017年度に供給された新築注文戸建て住宅のうち、ZEH(Nearly ZEHを含む)は15.3%を占めた。18年度からはZEHのバリエーションも広がっている。ZEHやNearly ZEHに加え、より高性能な「ZEH+」、再生可能エネルギーが未導入でもいい「ZEH Oriented」、そしてライフサイクル全体でのCO2収支をマイナスにする「LCCM住宅」。各地の先進事例からZEHのつくり方を学ぶ。

(写真:伊礼 智、アイ・ホーム)
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経ホームビルダー、2019年3月号 p.53 特集2 バリエーション広がるZEH
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。