国が進める長期優良住宅は「3世代使える家」を目指している。その実現には、屋根の寿命を延ばすことが欠かせない。しかし、現実には築20年に満たない住宅で、屋根材の飛散事故が起こっている。こうした事故では、建て主が危険性を認識していないことがほとんどだ。今求められているのは、最小限のメンテナンスで長持ちする屋根。初期費用が多少割高でも、長い目で見ればそれが建て主の利益になる。そのメリットを、住宅実務者は分かりやすく説明しなくてはならない。「短命屋根材」の不利益を被るのは、建て主自身なのだから。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら

短命屋根材の責任