2018年は住宅瑕疵担保責任保険の制度がスタートして10年目に当たる。この節目に国土交通省が瑕疵保険の見直しに動き出した。日経ホームビルダーでは、瑕疵保険を引き受ける保険法人5社に着目。独自調査からは、13年以降に瑕疵保険の契約先を変えたという回答が、約2割に上ることが明らかになった。さらに保険法人5社を取材。各社の取り組みも合わせて、瑕疵保険の“今”を追った。

新築の戸建て住宅を建築・販売し、住宅瑕疵担保責任保険を利用した経験がある住宅事業者にアンケートを実施。2013年以降に保険法人を変えたか否かを尋ねたところ、契約先を変えたという回答が約2割に上ることが分かった(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経ホームビルダー、2018年11月号 pp.44-45 特集 瑕疵保険法人10年目の通信簿
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。