屋根材を巡る状況で気になることがあります。粘土瓦のシェアが急落していることです。屋根材としての粘土瓦の安定性は、実証済み。棟部のメンテンナンスを怠らなければ、50年程度の寿命を保つと言われます。「瓦の重量が大きいから耐震設計上、不利になる」という声をよく聞きますが、本当にそうでしょうか。個人的には「設計基準に従って壁量を増やせばよいだけの話で、大したコストアップにはならない」(サーラ住宅の兵道博設計室長)という意見の方が、説得力があると思います。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら