「これほどひどい納まりは、見たことがない」。雨仕舞いのルールを無視した納まりに、雨漏り調査のベテランである筆者も呆れるばかり。一体、どんな納まりだったのか。(日経ホームビルダー)

 外観の意匠は悪くないが、雨仕舞いの基本は全くできていない。長年、雨漏り修理を手掛けていると、そんな住宅にぶつかることがある。今回紹介するのは、まさにその典型的な事例である。

 愛知県内に立つ築11年の3階建ての戸建て住宅で、深刻な雨漏り被害が見つかった。1階は鉄筋コンクリート(RC)造、2階と3階は木造の混構造である〔写真1〕。

〔写真1〕常識から逸脱した納まりが雨漏りを招く
愛知県に立つ築11年の3階建ての戸建て住宅。1階はRC造、2階と3階は木造の混構造だったが、3階のバルコニーと掃き出し窓の取り合い部で雨漏りが発生。筆者は、19年1月から5月にかけて雨漏りの原因調査と補修工事を実施した(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]

 雨水が浸入したのは、3階のバルコニーと掃き出し窓との取り合い部付近だったが、筆者が2019年1月から雨漏り調査を始めたところ、外壁面などほかの部位からの浸水も見つかった。この住宅のずさんな雨仕舞いには呆れるばかりだった。

 今号では雨仕舞い上の問題点を具体的に指摘し、次号で補修の考え方と工事の流れを説明する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら