20年にわたって雨漏りが続いた3階建ての戸建て住宅。原因は雨仕舞いの基本を無視した外壁の納まりにあった。筆者は、雨漏りの原因を根絶するために2階と3階の外壁を刷新することにした。(日経ホームビルダー)

 筆者のように雨漏りの診断や修理に携わる技術者にとって、最もプレッシャーがかかるのは、既存の外壁を剥がす決断をする時だ。

 このようなケースでは、外壁を全面的に刷新する大規模な改修工事になるので、建て主に経済的な負担を強いることになる。まずは、事情をよく説明して建て主の了解を得ることが欠かせない。

 同時に技術者としての責任も問われる。抜本的な改修をする以上、雨漏りを根治させることが必須条件であり、再発は許されない。住宅の資産価値を高めるには、雨漏りの原因を完全に取り除き、正常な雨仕舞いにしなければならない。そのためには、外壁を剥がす前に雨漏りの原因をある程度把握し、大まかな改修計画を考えておく必要がある。

 前号「20年の雨漏りに我慢も限界」では完成から約20年間、ずっと雨漏りに苦しめられてきた3階建ての戸建て住宅を紹介した〔写真1〕。筆者は、この住宅の外壁を剥がして全面的な改修を施した。今号では外壁を剥がす決断をした経緯と、改修方法について詳しく解説する。

〔写真1〕室内の至る所で雨漏り
(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]
20年以上にわたって雨漏りが続いた3階建ての戸建て住宅。1階の天井部分からの雨漏りが特にひどかった(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら