「設計者、施工者を問わず、雨仕舞いへの配慮が行き届いた人は、水切りの重要性をよく理解している」と筆者は強調する。なぜ水切りが重要なのか。筆者が基本から詳しく解説する。(日経ホームビルダー)

 雨漏り調査をする際、筆者が重視するポイントがある。水切りの設置だ。雨仕舞いへの配慮が行き届いた人は、水切りの重要性をよく理解し、設置すべき場所に適切な大きさや形状の水切りを設けている。

 そのような住宅では、防水紙の張り方やサッシの収め方など、ほかの雨仕舞いもしっかりしていることが多い。つまり、水切りの設置は、雨仕舞いの巧拙を測る指標の1つと言える。

 水切りの重要性を知る住宅実務者は、雨水の流れをイメージできる人たちだ。例えば、外壁面やサッシを流れる雨水は、下端部に到達すると底面に回り込む性質がある。それを防ぐために、水が伝わってほしくない箇所の手前に水切りを設ける。

 〔写真1上〕は、外壁をモルタルで仕上げた築25年の木造住宅だ。外壁の下端部に水切りを設置していなかった。そのため、散水試験を実施して雨がかりを再現すると、外壁の下端部で水が回り込んだ。

 〔写真1下〕は、外壁を窯業系サイディングで仕上げた築30年の木造住宅だ。この住宅では、外壁と基礎の境界に土台水切りを設けていた。しかし、水切りの高さ方向の長さが不十分であるうえに、先端がコンクリートに接する形になっていた。散水試験をしたところ、やはり水の回り込みを許してしまった。

[画像のクリックで拡大表示]
〔写真1〕適切に水切りを設けないと水が回り込む
写真1上はモルタル仕上げの木造住宅。外壁の下端に水切りを設けていなかったので、散水試験を行うと、外壁の下端で水が回り込んだ。写真1下はサイディング仕上げ。水切りを設けていたものの、先端が基礎に接していたので、下端で水が回り込んだ(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]

 どちらのケースでも、回り込んだ水はコンクリートの表面に滞留する。長期的にみれば、コンクリートの耐久性や美観に悪影響を及ぼしかねない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら