躯体ぬれのクレームは雨の多い夏場に頻発する。「木材はぬれてはダメだ」と思い込んでいる建て主には丁寧な説明が必要だ。ぬれが軽微な段階での養生やぬれた後の乾燥も重要になる。(日経ホームビルダー)

 ある木造住宅の施工現場で1階の床合板が雨でぬれて変色していた〔写真1〕。この現場の躯体組みは1階の床下地を先行して施工していた。棟上げ前に雨が降ったことで、ビニール養生の継ぎ目から雨が入り込んだのだ。

〔写真1〕1階の床合板が雨でぬれて広範囲に変色していた現場。1階床を先行して施工し、棟上げ前に降った雨がビニール養生から入り込んだ。一般に、建て主は「木材はぬらしたらダメだ」と思い込んでいることが多く、軽微なぬれでも問題があるように感じる (写真:カノム)
[画像のクリックで拡大表示]

 床の合板が広範囲に変色した状況を見た建て主のA氏は、合板の交換を現場監督に要求。監督が会社に持ち帰り協議した結果、回答は乾けば問題ないので交換しないというものだった。その回答に納得できないA氏が私に相談してきた。

 A氏は、躯体の木材をできるだけぬらさないようにしてほしいと、着工前から現場監督に要望していた。多少、ぬれることは覚悟していたが、ここまでひどくぬれることは想像していなかったようだ。

 「木材はぬらしたらダメだ」と思い込んでいる建て主は多い。特に合板については、ぬれると「強度が低下する」「接着剤が剥がれる」、さらに「変色は腐朽だ」と疑う。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら