基礎天端を水平にするために採用が増えている、仕上げ材のレベラー。「構造に影響がないから」といい加減な対応で済ませようとすると、建て主からの信頼を失いかねない。剥離を防ぐ施工が重要だ。(日経ホームビルダー)

 大手ハウスメーカーに自宅の建て替えを依頼したA氏は、仮住まいが現場の近くだったこともあり、工事中の様子を見ることが日課になっていた。

 基礎が完成したタイミングのことだ。いつものように現場を訪れたA氏は、水平に整えるために天端へ施工していた仕上げ材(レベラー)に、ひび割れが生じているのを発見。側面を見ると隙間があり、剥離していることに気がついた〔写真1〕。

〔写真1〕レベラーの厚みがメーカーの推奨値よりも薄い場合や、施工時にゴミ・油が残っている場合、表面の水分が不十分な場合などは、施工不備が生じやすい。剥離したレベラーは割れてしまうこともある。写真は冒頭の事例とは異なる現場。このような不備は珍しくない(写真:カノム)
[画像のクリックで拡大表示]

 心配になったA氏は、基礎をくまなく確認。すると、全体の約6割の箇所で剥離が生じていた。A氏は、すぐに現場監督に電話をして、内容を伝えた。ハウスメーカーが状況を知れば、当然、補修をしてくれると考えたのだ。だが、期待は裏切られた。工事は剥離を補修しないまま進み、躯体が施工されてしまった。

 後日、A氏は現場監督に詰め寄った。すると、現場監督は「レベラーは躯体に挟まれて動かないため、剥離していても構造的に問題がない」と言うばかり。この対応を「施工不良を放置して開き直っている」と感じたA氏は腹を立て、工事を中断して建て替えること、もしくは、契約を解除することを申し出た。

 ハウスメーカーの担当者はA氏と何度か話し合いの場を設けたものの、話は平行線をたどった。工事を止めるわけにもいかないハウスメーカーは、工程を進め、住宅を完成させてしまった。

 さらに怒ったA氏は、建物の引き渡しを拒否した。その後、約半年間にわたって話し合いが続けられたが、進展はなく膠着状態に陥った。第三者の意見を聞きたくなったA氏は筆者の所へ相談に訪れた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら