ワールドハウジングクラブ(東京都中央区、以下WHC)は、木造戸建て住宅のデザインやプラン、設計図書などを規格化・パッケージ化した“住宅キット”の提供サービスを2019年10月に本格的に開始。サービス名は「HOME i LAND(ホームアイランド)」、通称「HiL(ハイル)」だ〔図1〕。

〔図1〕サービスのイメージ
「HOME i LAND」のサービスイメージ。会員は住宅キットを月額5万円で何度も利用できる。会員は商品開発プログラムへの参加も可能だ。アイデアがキット化されれば、販売実績に応じて規定の手数料を得られる(資料:ワールドハウジングクラブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスの対象は、地場の住宅会社や工務店、設計事務所などだ。会員は月額5万円(税抜き)の会費で、住宅プランから実施レベルの図面、販促ツールなどで構成した規格住宅パッケージ「KIT HOUSE(キットハウス)」を自社ブランドとして展開できる〔図2〕。建築時はWHCが建築資材一式を別途、有償で供給。会員は会費のみで何度でもサービスを利用できる。

〔図2〕意匠やプランから性能までパッケージ化
「KIT HOUSE」の例の1つで、画像はその外観パース。この例は、テラス席を設けるなどカフェスタイルを取り入れた意匠の規格住宅(資料:ワールドハウジングクラブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 このサービスには建材・設備メーカーや建設会社、建築設計事務所など36社(9月25日時点)が「応援企業」として参画。住宅キットの開発に協力する一方で、自社製品の販路開拓や開発の場として活用する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら