読者から大きな反響があった今年9月号特集「手すり壁の防水『常識』大検証」。この特集で、手すり壁の天端の防水仕様を比較したところ、JIOの仕様が高成績を収めた。その後、実験班はJIO仕様の試験体を追加調査。ビス穴内部も浸水がなかった。

 手すり壁天端の防水層は、どう納めるのが望ましいのか。9月号の特集では、代表的な仕様書の納まり例の防水性能を、専門家の監修と協力の下に実験で確かめた〔図1〕。

〔図1〕手すり壁特集に大きな反響
日経ホームビルダーの2019年9月号特集「手すり壁の防水『常識』大検証」には、読者から大きな反響があった。特集では、編集部が専門家の協力を得て、代表的な納まりの防水性能を実験で確かめた。その結果、JIO仕様の防水性能が高いと分かった(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 比較対象とした防水層の仕様は、住宅金融支援機構の「木造住宅工事仕様書(2019年版)フラット35対応」と、住宅瑕疵保険法人の日本住宅保証検査機構(JIO)の「防水施工マニュアル(2017)」にそれぞれ記載されている納まり例だ。前者を「フラット35仕様」、後者を「JIO仕様」と名付けた。さらにフラット35仕様の「両面」防水テープを「片面」に変えた仕様を加えた合計3タイプを比較した。

 漏水の有無は、発光染料のウラニン溶液で判定。結果は「◎=漏水が全くない」「○=ビス穴の内側にわずかな染色が見られる」「×=ビス穴周囲に染色が広がっている」の3段階で評価した〔図2〕。その結果、JIO仕様では24カ所の全てのビス穴で「○」判定。一方、フラット35仕様では19カ所で「×」判定となるなど、明確な差が出た。

〔図2〕「JIO仕様のビス穴内部を追跡調査すべき」
特集の実験では、代表的な納まりの防水性能を「◎」「○」「×」の3段階で評価。JIO仕様は全てのビス穴で「◯判定」を得た。実験に協力してくれた専門家からは「◯判定については、ビス穴内部でどの程度浸水しているかも追跡調査しては?」という指摘もあった(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 実験終了後、監修者を務めた東海大学の石川廣三名誉教授から新たな問題が提起された。「JIO仕様の試験体にはビス穴の内側にわずかな染色が見られた。これがビス穴内部の断面にどこまで広がっているか確認できないか」との提案だ。

 なぜ、ビス穴内部への浸水が問題になるのか。石川名誉教授によると、木材への浸水は表面での広がりよりも、内部での広がりの方が耐久性に悪影響を与えるという。つまり「○判定」だからと言って安心できず、ビス穴内部の状況を把握しないと、本当の防水性能は分からないわけだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら