ホンダが、エンジン車並みの航続距離に達する電気自動車(EV)を開発する。EVは近距離用途のニッチな車両と位置付けていた考えを転換。欧州の環境規制や中国のEV推進政策を考慮した。新しく開発するEV専用プラットフォームは、可変領域を大きくしてVWを追撃する。

 ホンダが電気自動車(EV)専用のプラットフォーム(PF)を新しく開発すると発表した(図1)。EV航続距離は明かさないが、500km超を視野に入れる。中型車向けで、後部モーター・後輪駆動(RR)を基本にする。投入時期は、2022年ごろになりそうだ。

図1 開発中の中型EV用プラットフォーム
電池を床下に配置し、後輪駆動を基本とする。(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「都市間で移動できるCからDセグメントの車両」(本田技術研究所常務執行役員オートモービルセンターパワーユニット開発統括の松尾歩氏)を想定したPFになる。車種として、「SUV(多目的スポーツ車)やCUV(クロスオーバー・ユーティリティー・ビークル)、セダン」(松尾氏)を用意すると明かす。

 2030年に世界販売の15%近くをEVにする戦略を掲げるホンダ。新PFは、達成に向けた切り札になる。

 ホンダはかねて、EVは近距離用と考えて、中長距離用には燃料電池車(FCV)が“最適解”と見ていた。質量の大きな電池を大量に搭載する中長距離用のEVは、「電池を運ぶためのクルマ」(ホンダ関係者)と言える非効率な側面があり、どちらかといえば否定的だった。

 ホンダの根底にある考えは、今も変わっていないようだ。それでも中長距離用EVの開発に本腰を入れるのは、規制を強化する中国と米国の一部の州の方針に対応するためだ。EVを大量に販売しなければならず、エンジン車と同等の距離を走れるEVを投入することが“現実解”だった。

 開発中の新しいPFは後ろにモーターを搭載し、後輪を駆動するRRを基本とした(図2)。「ホンダらしい走り」(松尾氏)を狙う。前と後ろで操舵輪と駆動輪を分けて、操縦安定性を高めやすくなる。

図2 後輪側のモーターとインバーター、減速機
後輪駆動を基本とする。(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 4輪駆動(4WD)にするときは、前側にモーターを追加して2モーター構成とし、前後輪をそれぞれ駆動する(図3)。PFは可変領域と固定領域に分ける注1)。固定領域は全車種で共通として部品を共用しやすくする(図4)。

図3 前輪側の部品配置
充電口やインバーターを配置する。4輪駆動にするときは前輪側にもモーターを搭載する。(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

注1)可変領域は外板や内装などで、外観などを差異化する。固定領域は例えば、電池パックの幅や後輪駆動モーターの搭載位置などである。また、車両の全幅や地上高、運転席の位置、電池搭載量などは可変領域である。

図4 開発中の中型EV用プラットフォームの概要
電池を床下に配置し、後輪駆動を基本とする。固定領域と可変領域、選択領域に分ける。ホンダの資料を基に日経Automotive作成。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら