3種類あったハイブリッド車(HEV)技術を1種類に減らす。併せて、残した2モーター式に、コストを削減した小型車版を追加する。現行の中型車用に比べて、大幅に軽くしたものだ。モーター巻線に「世界初」の気泡を混ぜた絶縁被膜を採用するなどして、実現した。

 ホンダが、ハイブリッド車(HEV)技術の「選択と集中」を進める。1モーター式に加えて、3モーター式の開発を中止したことを明らかにした(図1)。3種類あったHEV技術のうち、小型車に採用を広げる2モーター式だけを残す。量産規模を増やしてHEVのコストを下げ、先行するトヨタ自動車を追いかける。

図1 ホンダが開発を中止する3モーターハイブリッド
高性能スポーツ車「NSX」に搭載する3モーターハイブリッドシステム。前輪側の車両中央付近に2モーター機構を搭載する。後ろにエンジンとモーター1基を用意し、後輪を駆動する。2モーター機構でトルクベクタリングを実現し、旋回性能を高めている。ホンダの資料を基に日経Automotive作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 パワートレーン開発を統括する本田技術研究所常務執行役員の松尾歩氏が、2019年7月に開催した技術説明会の場で日経 xTECHの質問に答えた。

 ホンダは2019年5月、2モーター式HEV技術「i-MMD」を小型車の次期「フィット」に採用すると正式発表した。併せて、現行フィットに搭載する1モーター式「i-DCD」の開発を中止すると事実上明かしていた(図2)。

図2 1モーターハイブリッドも開発中止
2013年に発売したフィットハイブリッドから採用していた。(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で3モーター式の方針が見えていなかったが、1モーター式と同様に開発を中止したことを初めて話した格好である。「2モーター式に1本化して、選択と集中を進める」(松尾氏)。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら