スズキにとってインド市場は、今後の成長をけん引する生命線である。2030年には500万台の生産・販売体制を整え、シェア(市場占有率)50%を死守する。次世代技術の分野では、インドの現地法人が主導して電気自動車(EV)の開発を加速させている。中長期の戦略を聞いた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら