2019年が明けた。自動運転や電動化、MaaS(Mobility as a Service)など、いわゆる“CASE”の大波が押し寄せる。グローバルでは他社との提携関係をどう維持・発展させるかが問われる。大手自動車メーカーから中小メーカーまで、各社は顧客に何を訴求し、どこで勝負をしていくのか。日系自動車メーカーの技術トップ6人に展望を聞いた。

写真:上野英和、行友重治、加藤康、小林大介、宮原一郎、橋本真宏
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経Automotive、2019年2月号 pp.30-31
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。