【新車】
ジャガーランドローバー、既存工場を電池工場に変換
EV化への投資で英国の雇用を守る

[画像のクリックで拡大表示]

 英ジャガーランドローバー(Jaguar Land Rover)は、英国ウェスト・ミッドランズ州のキャッスル・ブロムウィチ工場を電動車生産工場に転換すると発表した。同社は2020年までにすべてのモデルシリーズに電動車を加えることを計画している。同工場で生産する電動車は、高級セダン「XJ」の電気自動車モデルになる。

 同社は1月にミッドランズ地方にある既存施設の改修と新規施設の建設に投資し、電池と電動ユニットの組立工場にすることを発表している。ハムズホール電池生産工場は2020年に稼働予定で、年間生産量は15万ユニット。ウォルバーハンプトン・エンジン生産工場は電動ユニット工場になる。

 英国では、ホンダや米フォードが自動車関連工場の閉鎖、縮小を発表している。EU離脱問題が難航しているため、自動車産業は先行きが不透明なままだ。そんな中、ジャガーランドローバーは今回の発表で数千人の雇用を守ることができると主張する。同社は「英国には最先端の電動モビリティーを実現し、雇用を創出するための多数のサプライヤーや研究機関などが揃っている」とし、英国内でギガスケールの電池生産を実現するため、政府や産業界に協力を呼びかけている。(櫛谷さえ子)

【EV】
VW、「Golf Alltrack」の生産を2019年末で終了
電動SUVの「ID. CROZZ」などへシフト

[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツ・フォルクスワーゲン(Volks-wagen)の米国会社は2019年7月17日、「Golf Alltrack」と「Golf Sport Wagen」について2019年モデルで生産を終了すると発表した。需要の変化と同社のEV戦略に対応するため生産モデルを変える。

 過去数年間で、市場の需要はワゴンからSUVへとシフトした。2019年上半期は「Atlas」と「Tiguan」が好調で、同社の売り上げの半分がSUVになっているという。

 同社は今後24カ月以内に3車種の新しいSUVモデルを発売する予定で、そのうちの一つ「Atlas Cross Sport」は2019年後半に、E-SUVの「ID. CROZZ」は2020年初頭に発売する。また2021年には「Tiguan」より小型の新しいSUVを投入する計画だ。

 Golf Alltrackは、2019年12月までメキシコのPuebla工場で生産を継続する。同工場では7月初旬に「Beetle」の生産を終えた。今後は、小型SUVの生産へシフトする。

 同社は「SUVはワゴンやミニバンのファミリーカーとしての役割を引き継いだ。将来的には電気自動車(EV)が担う。EVプラットフォームの柔軟性により、過去のボディスタイルを復活させることも可能だ」とした。(櫛谷さえ子)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら