【日本市場】
「N-BOX」は7カ月連続でマイナスだが首位を独走
登録乗用車と軽4輪乗用車がともにマイナスに

ダイハツ「タント」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2019年3月の新車販売台数ランキング。

 登録車と軽自動車を合わせたランキング。ホンダ「N-BOX」は7カ月連続で前年同月比マイナスとなったが、首位を独走している。N-BOXと2位のスズキ「スペーシア」との差は7570台に広がった。

 一方、3位のダイハツ「タント」は同17.4%増となり、スペーシアとの差を323台に詰めた。4位は日産自動車「ノート」で、登録車ではトップになった。

 トップ20は細かい順位変動はあるものの、顔触れは前月と変わらない。前月に引き続きホンダ「ヴェゼル」が21位でトップ20入りを逃した。

 3月の登録乗用車の販売台数は35万7254台で前年同月比5.7%減となり、3カ月ぶりにマイナスに転じた。軽4輪乗用車は17万5250台、同4.6%減で2カ月連続マイナスとなった。

2019年3月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら