【日本市場】
e-Power搭載の「ノート」と「セレナ」が登録車の上位に
安全装備を充実させた「アルファード」がランクアップ

トヨタ「アルファード」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2019年1月の新車販売台数ランキング。

 登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が17カ月連続で首位。4位まで前月と同じ。日産自動車「ノート」が5位、トヨタ自動車「アクア」と「プリウス」を抜いて「e-Power」搭載車を設定した日産「セレナ」が7位に上がった。

 11位以下ではトヨタ「アルファード」が17位に上がった。アルファードは、2018年1月の一部改良で予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備し、前年同月比プラスが続いている。10月にアクセルの踏み間違いによる衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」を標準装備して、さらに販売が増加した。

 1月の登録乗用車の販売台数は21万7762台で前年同月比1.3%増。軽4輪乗用車は12万4715台で同0.2%増。

2019年1月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら