【日本市場】「N-BOX」が首位、年度上期で唯一10万台超え
「ノート」は登録車で首位だが、前年同期比は二桁減

スズキ「スペーシア カスタム」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2018年9月の新車販売台数ランキング。

 登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が前月に続き首位。日産自動車「デイズ」がスズキ「スペーシア」を抜いて2位に上がり、トップ3を軽自動車が占めた。登録車トップの日産「ノート」は前月の3位から4位に下がった。

 2018年度上期(4~9月)は、N-BOXが2期連続で首位。10万台を超えたのは同車のみ。2位のスペーシアは前年同期比52.1%増と好調。4位のノートは登録車でトップだが、前年同期比は16.7%減。シリーズ・ハイブリッド・システム「e-POWER」搭載車を追加して好調だが、上期中に前年同月比でプラスになったのは8月のみ。

9月の登録乗用車の販売台数は26万5059台で前年同月比4.0%減、軽4輪乗用車は13万8998台で同2.0%減だった。

2018年9月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら