日産自動車の運転支援機能「プロパイロット2.0」は、高速道路上の同一車線内での手放し運転を可能とする機能「ハンズオフ」と、「車線変更支援機能」に対応した。これらの機能は従来のプロパイロットの上位機能に相当する。2019年7月に発売した新型スカイラインではプロパイロット2.0を搭載するのに当たり、従来のプロパイロットから多くの変更が施された。HMI(ヒューマン・マシン・インタフェース)はその1つだ。プロパイロット2.0の実態を探った。

写真:日産自動車
[画像のクリックで拡大表示]

 新型「スカイライン」に搭載した「プロパイロット2.0」は、「セレナ」や「リーフ」に搭載する運転支援機能「プロパイロット」の上位機能に当たり、プロパイロットと同様の機能も利用できる。そのため、従来のプロパイロットをベースに、機能面以外でも仕様変更が加えられている。特に新型スカイラインを試乗して改めて確認できたのが、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)の変更点だ。主に次の3点に特徴があった(図1)。

図1 プロパイロット2.0のHMIにおける主な変更点
従来のプロパイロットの機能を引き継ぎつつ運転支援機能を向上させたことから、情報の表示方法や運転者の監視機能などを変更している。取材を基に日経Automotiveが作成した。
[画像のクリックで拡大表示]

 第1に、システムの稼働状態を表示する方法の変更。表示する項目を整理して色分けを明確にした。第2に、情報伝達機器にヘッド・アップ・ディスプレーを活用。表示内容を整理した。第3に、運転者の監視手法の変更。目的に合わせて利用するセンサーを組み合わせる。これらの変更点を中心に、試乗で確認したプロパイロット2.0の実態をレポートする。

 試乗したのは、スカイラインのハイブリッド車(HEV)「GT Type SP(HYBRID)」だ。走行したのは、中央自動車道の河口湖インターチェンジから上野原インターチェンジまでの往復80kmの区間だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら